土用丑の日に食べたい「肝入りうなぎ丼」

土用丑の日に食べたい「肝入りうなぎ丼」

 

こんにちは。鰻う おか冨士のPR担当です。

木々の緑が日にまぶしすぎる今日この頃でございますが、みなさまお変わりなくお過ごしでしょうか。

今回は、数量限定の肝入りうなぎ丼をご紹介します。

うなぎの神髄を知るおか冨士ならではの『うな丼』の味

【数量限定】肝入りうなぎ丼

・肝入り うなぎ丼(4,530円)

・肝入り 上 うなぎ丼(5,450円)

程よい苦みと弾力のある食感、そして炭焼きの香ばしさがなんともいえない逸品。

ご飯もお酒も進みます。 25年の歴史があるからこその『うな冨士』のタレは、

今まで他には分けたことのない門外不出のタレです。

この譲り受けたタレを使用することにより、おか冨士の味は完成します。

美味しいうなぎを一人でも多くの方に食べていただきたい‥そのような想いを一筋に、

修行と経験を重ねた職人が真心こめて丁寧に焼き上げ、皆さまにご提供しております。

他にも、当店ならではお楽しみいただける特別な珍味もご用意しております。

土用丑の日とは?

「土用丑の日」といえば、鰻を食べる日と考える方も多いですよね。

土用とは、立春、立夏、立秋、立冬の前のそれぞれ約18日間のこと。

つまり土用は合計で1年に各季節分、4回あるのです。

土用は18日間ですが、「土用の丑の日」は土用の期間のうちのたった1日か、多くて2日しかありません。

ちなみに「春の土用入り」は、4月16日(木)です。 この日から18日後の春の土用明けが5月4日(月・祝)です。

土用丑の日は、4月16日(木)と4月28日(火)になります。 また夏は、7月21日(火)と8月2日(日)が今年の土用丑の日です。 今回は、数量限定の肝入りうなぎ丼をご紹介しました。

当店は、接待や顔合わせなどをはじめ、記念日や誕生日のお祝いなど

各種ご利用シーンにおすすめなのが掘りごたつ特別室です。

ゆったりとして静かな完全個室は、周りを気にすることなくお食事を楽しめると人気のお席です。 高級感のあるお部屋で当店自慢のうなぎ料理をお楽しみください。

スタッフ一同、一期一会を大事にお客様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

豊富なメニューはこちらで確認できます

メニューはこちらから

鰻う おか冨士 - 名古屋のひつまぶし・うなぎ料理専門店 -
鰻う おか冨士 - 名古屋のひつまぶし・うなぎ料理専門店 -
住所
〒460-0008
名古屋市中区栄1丁目6番15号
御園座タワー1階
電話番号
050-5269-8758
営業時間
昼の部:11時~14時
(フードL.O. 13時30分 ドリンクL.O. 13時30分)
夜の部:17時~22時
(フードL.O. 21時 ドリンクL.O. 21時30分)
定休日:不定休

日曜営業

※ご予約は3名様以上で、個室のみ承ります。
※個室料別途1,000円を頂戴致しております。
 予めご了承下さいませ。
鰻う おか冨士 - 名古屋のひつまぶし・うなぎ料理専門店 -
ご予約 page
top
ブログ ご予約 page top